« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

お伊勢さん初詣

     

     003

 お伊勢参りに行ってきました。

 今年の秋には第62回神宮式内遷宮が行なわれます。遷宮前の最後のお詣りです。

 

 *伊勢神宮

 伊勢宇治の五十鈴川上にご鎮座の皇大神宮(内宮)と、伊勢山田の原にご鎮座の豊受大神宮(外宮)、及び別宮など125神社の総称です。

 *式内遷宮

 神宮式年遷宮は、神宮(伊勢神宮)において行われる式年遷宮(定期的に行われる遷宮)である。原則として20年ごとに、内外両宮の正宮の正殿を始めとする別宮以下の諸神社の正殿を造替して神内を遷し、宝殿、外幣殿、鳥居、御垣、御饌殿など計65棟の殿舎といった全社殿を造替する他、装束・神宝、宇治橋等も造り替える

 

 お伊勢さんのお参りは外宮さんからやそうです。お天気もよく、外宮さんは松の内ということもあって大勢のお詣りで賑わっています。前のおまいりは2月でひと気も無く、木立の風も怖いくらい静かでした。

 

    006_2

 外宮は天照大神のお食事を司る神、豊受大神(とようけおおみかみ)をおまつりしています。

内宮創建から500年後に山田原に迎えられました。衣食住をはじめあらゆる産業の守り神です。

 ご正殿は、内宮と同じ唯一神明造の様式ですが、鰹木は9本で千木が垂直に切られているなど、内宮といくつか異なる点があります。  (写真一枚目) 

 古代の装身具勾玉の形をした美しい池には鴨が羽を休めていました。初夏には花菖蒲が咲き揃うそうです。(二枚目)

     007

 表参道火除け橋を出てバスで二見に向かいます。

     016

 二見プラザでお昼をすませ海岸を200m程いくと岬にある二見輿玉神社と夫婦岩につきました。 お天気はいいのですが風が強くかなり寒いです。   

     010

 *二見輿玉神社

 二見興玉神社は、729年~749年頃に創建されたと言われる、猿田彦大神と宇迦御魂大神を祀る神社である。人々は「夫婦岩」と呼ばれる二つの岩を鳥居に見立てて、沖合い700メートルに鎮座する「興玉神石(おきたましんせき)」と呼ばれる猿田彦大神ゆかりの霊石を拝し、さらに夫婦岩の間からのぼる朝日を天照大神として拝んできた。晴れた日には遠く富士山も望めると言う。

 古来から伊勢神宮に参拝する際に、海の水に浸かり身体を清める、禊(みそぎ)(沐浴)をする場所なのである。 

 夏至の日は夫婦岩の間から陽が昇るそうです。

 神前に藁で作った輪っかが置いてあります。このわっかで体の悪い所を撫でるといいそうです。一瞬迷いました。頭か足かと、(笑) でも、ならねものはならぬ、でしょうから足で充分です、丁寧に撫でておきました。

    

 さてさて内宮さんに着きました。

    033

    029

 皇室の祖神の天照大神をおまつりする、わが国でもっとも尊いお宮です。五十鈴川の川上に千古の森に囲まれたて静かに鎮座されます。しかし今日の参道は人の波です。遷宮前の準備の音も耳を清ませば聞こえてきます。

    027

 

 神宮の表玄関にあたる宇治橋を渡り神苑をしばらく歩き第一鳥居をくぐり五十鈴川に下りていきお手洗い場で手を清めます。「冷たい」! 川底には・・・ 

    

    024   

そして御正宮に参拝です。

 *御正宮

 社殿の中心の御正宮は四重の垣根に囲まれています。唯一神明造りの古代の様式を伝え、萱葺きの屋根には十本の鰹木がのせられ、四本の千木の(ちぎ)の先端は水平に切られています。

 二拝二拍手一拝で厳かにお参りしました。ふわ~と風が、白い布がめくれる、息を呑む実に神々しいではありませんか。

 左隣には新御敷地があり幕の中では着々と準備が進められているようでした

  

    030

    031

    026      

 神苑の隅々までは廻れませんでしたが、凛として気持ちよく参拝することができました。いろいろお話も伺いました。その一つは、とても素晴らしいものでした。

 御正殿の棟持柱といえば、神宮の神殿に使われる木材の中で最重要とされるが、その柱は20年間使用した後、鉋をかけられて若干細く短くなり新品同様となって、宇治橋の大鳥居として甦りさらに20年間使用される。

 その後再び鉋をかけられてまた少し細く短くなって甦り、今度は桑名市・亀山市で伊勢国の入口の鳥居としてまた20年間使用される。
 この段階で既に60年が経過しているが、材木の運命はまだ尽きない。
                                                       
再び鉋をかけられ、次は神宮の縁のある全国の神社に御神木として分けられ、これを拝領した神社は再び鳥居や社殿の材料として、朽ちるまで大切に使うのだ。

 もう一つ、神宮にはお賽銭箱がありませんその訳は、

 神宮の祭儀を主宰するのは天皇陛下であることから、天皇陛下以外のお供えは私幣禁断といって許されませんでした。そのため今も内宮・外宮には賽銭箱がなく、その代り白い布で覆われた場所が用意されています。           

 たくさんいいお話を聞かせていただき、とてもいいお参りができました。 

 

    034

 はい、おかげ横丁にちょこっと寄りました。伊勢うどんなるものが食べたかったのですが満員で待ちきれません。結局伊勢えびコロッケを買っただけでした(笑
   
 

    

      

    

     

初日の出

     006

 あけましておめでとうございます。

     016

  お陰さまで何時もと変わらぬ新年を迎え、家のベランダから初日の出を拝みました。

 何かいいことがありそうな・・・

 本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

 

          

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »