旅行・地域

大江山石畳古道を歩く

  003

  11月26日 (土) 晴れ

  歴史の道100選に選ばれている「宮津街道普甲峠越え」を地元のガイドさんの案内でのんびり歩いてきました。

バスを降りるといきなり鬼とご対面。

 大江山には、山中に鬼が住んでいた、鬼退治をしたなどの伝説がたくさんあります。

 この辺りは朝鮮半島やロシアなど、海外からの影響を受けたところで、ガイドさんの話によると 鬼というのは、青鬼=目の青い人、 赤鬼=髪の赤い人など海外からかくれ住んだ人々、という説もあるそうです。
 

 それに、天橋立や元伊勢などの巡礼道だったことから、旅人を狙った悪い盗賊を鬼と呼んだ説もあるようです。

009_2

 鬼の足跡岩

012

 霧の二の瀬川渓谷にかかる吊り橋も渡りました。そんなに揺れなかったよnotes

                                                                                   034

 035

 ふもとから頂上まで石畳が続きます。 丹後を支配していた細川家のころに作られたそうです。                                      

 038

                                                    045   

  「爪割り水」 で、初めて休憩し、近くに「千年杉」 「胸壁」、「関所跡」があり礎石もしっかり残っていました。 

大江山連山の標高は600m~700mで、普甲峠の石畳が残っています。しかし滑り易いので脇を歩きます。杉林に入るまでは、ナナカマド、カエデ、コナラなどの落ち葉を踏みながらジグザグ坂を登っていきます。木漏れ日と心地よい風が通り、汗をかくほどでもない。 

049

 わぁ、綺麗!三角の山がぽっかり、写真愛好家の方にお聞きしました。砥石山(といしやま)というそうです。

053

 石畳の古道も終わり大江山スキー場に出る(向かい側も)。 近年何処も雪不足、去年は40日程の営業とか。

 先日からの寒波で営業できているといいんだけどなぁ・・・                               057

 スキー場から宮津湾が見えました。    天橋立はいずこにsign02

 お昼は大江山スキー場の施設(KTR宮福線の辛皮(からかわ)駅のそば)で地元の食材を使ったお弁当を頂きました。

 その後、丹後宮津桔梗の会の皆さまとの交流会があり、自己紹介で、「ご当地と亀岡は明智光秀でつながりがあることで興味深い宮津です」 なんて?訳の判らないことを云いました(;;;´Д`)。

 午後からの写真が全部ダメになってしまいがっかりです!

バスで山を降りて盛林寺に。

お寺の山すそにある明智光秀の首塚に。そのあとお茶菓を頂きながら住職さんのお話を伺いました。 

    林寺(宮津市字喜)

盛林寺は、上宮津城主、小倉播魔守の菩提寺として天正五年、宮津大久保谷に創建された。開山は趙室栢和尚、それを助けた小倉氏は、丹後守護一色家の重臣であった。小倉氏は天正六年、細川氏に敗れて滅びた。細川氏は天正八年八月、丹後の大名として入国、宮津城をつくった。盛林寺はその庇護を受けた。(パンフレットより引用)

 嘘かまことか?明智光秀の首塚は亀岡にもありますが・・・
一時間ばかりの宮津寺町を散策し終えて万歩計を見ると7609歩。
 な~んだ意外と歩いてないんだ。  
さて年の瀬、皆さまはどのようにお過ごしでしょうか?イブで美酒を楽しまれる方、旅に出られる方、おせちに腕を振るわれる方、どうぞみなさまお健やかに(´▽`).

       

              なりにけりなりにけりまで年の暮  芭蕉

               

             

       

    

     

    

    

            

その他のカテゴリー