日記・コラム・つぶやき

大雪の日に

節分に雪が降らないって私の記憶にないのですが・・・古希を迎えた去年の節分は、長年温めていた「びわ湖を歩いて一周する」初日でした。朝から銀世界で15cm~20cm積もっていた。出発のお祝い雪なのだ。空は透けるように青く湖北の山々は真っ白であった。

大雪の中を汗かいてお祖父ちゃんが産婆さんを負ぶって来られた。真ひるに、元気な声で、 こんにちは~~お腹の外は寒いね~^~お祖母ちゃんは目が回るほど忙しそう~ 豆まきはしんなんし、雪を分けて庭の柊の枝をとって来て鰯の頭を射さんなんし、初孫の顔も覗かんなんし・・・豆のようにころころ働いてはりいます.

お父さんは、遠く海の向こうの戦地で元気だろうか?胸の奥で「こんにちは~」が聞こえていたかもね!「わたしは元気よ^^お父さん頑張って!」とお母さんは笑顔で言ったと思う。むか~し昔のことでした。

その他のカテゴリー